Virbac Japan

アドバイス

スコア 0 (0 投票数)

犬の歯をお手入れして歯石を防ぐには?


さまざまな病気の原因になるといわれる、犬の歯石についてまとめます。歯石がつく理由や予防方法、歯石がついたときの除去方法などをご紹介しています。

 

 

犬の歯に歯石がつくのはなぜ?

犬の歯をみがかないでそのままにしていると、歯の表面に歯みがきをしても取れない硬い歯石がついてしまいます。口の中に歯垢が溜まり、その歯垢が石灰化して固まったものが歯石です。

Oral2.png

 

歯石のもととなる歯垢は、歯周病の原因となる細菌が集まりです。歯垢に唾液中のミネラル分(カルシウムやマグネシウムなど)と結びついて石灰化したものが歯石です。歯石の表面はざらざらしていて歯垢がさらにつきやすくなるため、歯に歯石がついていると歯周病にかかりやすくなります。定期的なデンタルケアで歯石の予防を心がけましょう。

 

 

犬は歯石がつきやすい!

犬の場合、かなり短い期間で歯石が作られます。歯垢については、犬も人も変わりはなく、食事をしてから6~8時間後に歯の表面につき始めます。それを放っておくと、人間の場合では20日かけて歯石へ変化していきますが、犬の口の中ではたった2~3日間で歯垢が石灰化して歯石になるのです。歯石ができるとさらに歯垢が増殖しやすくなります。

そのため、歯に付着している歯垢は歯石になる前にできるだけ除去することが大切です。

 

 

歯石の付着予防・除去方法

犬の歯石予防には、普段からデンタルケアを習慣づけることが効果的です。また、どんなに気をつけていても歯石がつくことはあります。その場合、歯周病などにかかるリスクも高まるため、少しでも早く歯石を取ってあげたいところです。

では、飼主様が気付いた時点ですぐにケアしてあげられるよう、犬の歯石予防や除去方法にはどのようなものがあるかチェックしておきましょう。

 

日常的なデンタルケア

愛犬のデンタルケアは歯周病の予防に不可欠です。一番効果的なデンタルケアは、動物用のブラシやペーストを用いた歯みがきです。
とはいえ、毎日の歯みがきはなかなか難しいもの。そこで、デンタルガムのように噛む動作を促すものや、飲み水に混ぜるケア製品などのデンタルケア製品も役立ちます。

 

歯垢・歯石除去処置(スケーリング)や歯周外科処置について

あまりにたくさんの歯石がついてしまった場合、歯垢・歯石除去処置(スケーリング)が唯一の解決法となります。かかりつけの動物病院にご相談ください。スケーリングが終わったあとも、きれいになったお口の中を保つために、家でできるデンタルケアを続けましょう。

 

【フードの改善をする】

犬のフードには、主にウェットフードやドライフードがありますが、ウェットフードを食べている犬の方が歯垢はつきやすくなります。とろみがあり、歯につきやすいウェットフードは、歯石が気になるときには避けた方がいいでしょう。

 

 

大事なのは犬の歯を日常から観察しておくこと

犬の歯についた歯石を除去しても、デンタルケアを続けないと、またすぐに歯垢・歯石がついてしまいます。歯石は歯周病の大きな原因になります。歯周病が進行すると口臭や痛みとともに、歯根が溶けるため歯がぐらつくなどの症状が現れます。

ひどい場合には歯周病菌が脳や心臓にまで流れて、重い病気に発展することもあります。

Oral3.png

 

デンタルケアを行うことで、歯垢・歯石の予防だけでなく、定期的に口の中を観察することもできます。

普段からケアをしていてもいつのまにか歯垢・歯石や口臭など問題が起きている場合もありますので、普段から犬の口の中の様子も気をつけて見てあげるようにしましょう。歯にたくさんの歯石がついてしまうと、麻酔下での歯石除去も検討する必要がありますので、定期的に動物病院に受診するようにしましょう。

 

この記事へ投票をお願いします。: 5 4 3 2 1

その他のビルバック製品