Virbac Japan

アドバイス

スコア 5 (1 投票数)

犬の歯早わかり!「歯の仕組み」を知って歯周病を予防しよう


家族同然の大切な愛犬のために、歯についての知識を習得することは重要です。なぜなら歯の病気を放っておくと、食事の際に支障が出ることや、健康被害に繋がる恐れがあるからです。

 

 

【犬の歯の仕組み】本数と種類

生まれたての子犬には通常28本の乳歯が生えており、成犬になるまでに42本の永久歯に生え変わります。犬はもともと肉食動物であり、その歯は獲物を捕まえて仕留め、食べるために大きく進化しました。

前歯を構成する小さな切歯で獲物を掴み、鋭い犬歯で仕留めます。そして鋭いのこぎり状の前臼歯で、食べ物を丸のみできる大きさに噛み分け、4本の後臼歯で骨や食物を噛み砕きます。

 

 

犬のかかりやすい歯の病気は?

米国獣医歯科学会(American Veterinary Dental Association)の研究によると、80%の犬が、3歳までに「歯周病」(口腔内で起こる炎症の総称)を発症することが分かっています。口の中の問題は見つけるのが難しいため、気づかないうちに進行する可能性があります。放置すると、口腔内には痛みが出るだけでなく、細菌の繁殖が進み、体の他の部位にも影響を及ぼすことがあります。

犬、とくに小型犬は、人と比べると歯周病になりやすいと言われています。その理由は、口内環境の差にあります。人の口内が弱酸性なのに対し、犬はアルカリ性。アルカリ性の環境下では、虫歯菌が発生しにくく、歯周病菌が繁殖しやすい環境なのです。反対に、酸性の環境下では虫歯菌が繁殖しやすい環境と言えます。

Oral1.png

 

また、犬の唾液には人の唾液に含まれているアミラーゼという酵素がほとんど含まれていません。アミラーゼはデンプンを糖に分解する酵素で、これが含まれていないということは、虫歯菌の餌である糖が口内に蓄積しにくいということです。

さらに犬の歯は、人の歯のように凸凹した形状ではなく鋭利に尖っているため、虫歯菌が留まりにくいという特徴があります。これらの理由から、人は虫歯になりやすいのに対し、犬は歯周病になりやすいと言えるのです。

 

 

歯の生え変わるタイミング

犬の歯は人の歯と同じで乳歯と永久歯があります。犬の歯は生後3〜7ヶ月前後で生え変わります。乳歯が生えそろう頃は、いろいろなモノに興味を持つ時期でもあります。なんでもかんでも口に入れ、かじってみたくなる時期なのです。「噛みたい」という欲求を満たしてあげるため、デンタルガムを噛ませてあげると、デンタルケアの習慣にもつながりやすくなり、一石二鳥です。消化できないおもちゃは飲み込む危険性もありますので注意が必要です。

永久歯はヒトと同じく、抜け落ちると再び生えることはないので、デンタルケアを習慣づけることはとても大切です。

 

 

歯周病の症状は?

犬の歯周病は、人の歯周病と似たような症状が発生します。主な症状は歯茎の腫れや痛み、出血、歯のグラつきなどです。人の場合は、歯に違和感がある段階で気づくことができますが、犬の場合はそれができません。

ですので、飼主様がよく観察して歯周病にいち早く気づいてあげる必要があります。気づかずに放置され、重症になってしまるケースが多くあります。歯周病になる前に、口腔ケアをしっかりおこない、予防することを意識しましょう。

 

 

歯周病の予防と治療方法

口腔ケアは、重要な予防医療のひとつです。幸い、お口の健康を保つために、犬に不快感や痛みを与えず、簡単に実践できる方法があります。詳しくは、かかりつけの獣医師までご相談ください。

 

 

予防法と治療について簡単に解説

犬の歯周病を予防するにはどうすればいいのでしょうか。また、歯周病が発覚した時の治療法も把握しておきましょう。

 

【予防:デンタルケア】

歯周病は、細菌による感染症です。細菌の塊である歯垢や歯石を予防できれば、100%予防できる病気なのです。現在は犬のためのさまざまなデンタルケア製品がありますので、家族やそのコに合ったデンタルケア製品を選びましょう。

犬が小さい時から口の中を触ることができるように慣れさせておくと、デンタルケアがしやすくなります。

 

【治療:動物病院で歯科処置を行う】

犬の歯周病の主な治療は動物病院での歯科処置(スケーリング:歯垢・歯石除去を含む)となります。また、抗炎症剤や抗菌剤、免疫力を高めるサプリなど、薬が処方されることもあります。歯科処置では全身麻酔が必要になります。歯周病予防のため、日頃からデンタルケアを行うことが理想的です。

歯周病は進行すると痛みを伴い、出血したり、歯茎に膿が溜まったり、顎の骨が骨折してしまったり、全身的な症状が出たりと様々な弊害が起こってしまいます。日頃のデンタルケアを心がけることで、いつまでも健康な歯を維持できる可能性があります。

 

 

今日からでも始められる犬・猫のデンタルケアの方法をご紹介しています。(約5分)

この記事へ投票をお願いします。: 5 4 3 2 1

その他のビルバック製品