Virbac Japan

ビルバックとは

創設時より動物の健康と医療に着目

1960年代当時、人間用医薬品メーカーが生産した医薬品では、すべての動物の病気に対処することは不可能でした。各医薬品メーカーが動物の健康への投資を検討する中、ニースで獣医師をしていたピエール=リチャード・ディック氏は、自身の知識や経験を活かして新薬の発明や開発に乗り出しました。1968年、動物たちの健康を守るため、獣医師、農家、ペットの飼主様へ革新的かつ様々な動物用製品を提供することを目的として、ビルバックは誕生しました。

現在ビルバックは100か国以上で事業を展開し、動物の健康と医療に献身的に取り組みながら動物薬専門医薬品メーカーとしての地位を確立しています。動物の健康や医療に携わる人々のニーズを最新技術と結び付けながら、ビルバックの革新的な取り組みは、様々な動物たちとその病気の多くに対応できるような使いやすい、そして総合的な領域に及ぶ様々な製品やサービスを提供しています。こうした取り組みに加え、最も高い国際品質基準採用によるおかげもあり、50年以上に渡り、各国の獣医師、農家、ペットの飼主様との関係をゆっくりと着実に築いてきました。しかしたこうした恵まれた関係が築けている現状に甘んじることなく、ビルバックは日々動物の健康と医療の未来を考え、取り組んでいます。

創始者について

企業理念

特長

infographie290px-1-EN.png

5大陸に研究開発センターを設置
33か国に販売拠点を設置

chiffre_290px_B-EN.jpg

56% コンパニオンアニマル(小動物)
44% 産業動物
売上 2017

infographie290px-3-EN (1).jpg

11か国に生産工場を設置
従業員数:4,825人