Virbac Japan

アドバイス

スコア 5 (1 投票数)

すこやかな耳のためにできること


定期的な受診とお手入れでしっかり管理しましょう

EarCare1.png

  • 動物病院で定期的な受診をしましょう
    外耳炎は再発しやすい傾向があります。定期的に耳の状態を診てもらい、すこやかな耳を維持しましょう。
    受診の目安としては、月1~2回が理想です。

  • おうちで日常的なお手入れをしましょう。
    耳垢のたまりやすいコは日ごろから耳のお手入れが必要です。
    耳のお手入れの習慣ができていると、耳の状態の変化に気づきやすく、トラブルが起きていれば早めに受診することができます。
    ※おうちでの耳のお手入れは、そのコの状態によって頻度など異なるので、必ず獣医師に相談してからおこないましょう。

 

定期的な耳のケアができていないと… 

EarCare2.png

  • 外耳炎再発の繰り返しで高まるリスクがあります
    何度も外耳炎を再発することで、耐性菌により抗菌剤が効きにくくなってしまいます。
    また耳道が張れて閉塞し、ひどくなると手術が必要となることもあります。

  • 外耳炎に加え、皮膚病などを併発することもあります。
    皮膚病の中には耳から発症するものもあります。
    耳のケアを怠ると、外耳炎や皮膚病の発見が遅れたり、耳から病原体が広がってしまう可能性もあります。

  • わんちゃんにも飼主様にも大きな負担となります。
    外耳炎が悪化してからの受診や治療は、わんちゃんに大きなストレスを与えるだけでなく、飼主様にも大きな負担(投薬、頻繁な耳洗浄、治療費、通院など)となります。


耳の病気は、治療に時間が長くかかることもあります。
耳に異常があってもわんちゃんは自分で病院に行くことができません。
飼主様が定期的に耳をチェックしてあげることで、耳の異常のサインを見つけやすくなります。
異常が見られた場合はすぐ獣医師に相談しましょう。

この記事へ投票をお願いします。: 5 4 3 2 1

その他のビルバック製品