Virbac Japan

アドバイス

スコア 0 (0 投票数)

犬の変形性関節症~有効なケアと栄養素~


愛犬が最近、足を引きずったり起き上がる動作が遅くなったりしていませんか?変形性関節症は、動作時に困難と痛みを伴う慢性的な変形性の関節疾患です。変形関節症を症状や療法をご紹介します。

 

 

変形性関節症の症状

変形性関節症は、老犬に多く見られる(若犬でも発症することがあります)運動機能に起こる病気で、さまざまなケアが必要になります。痛みを緩和するための医療処置に加え、食事療法によって病気の進行を抑えることも重要です。 
変形性関節症は、関節軟骨(関節の骨を覆い、クッションのように衝撃を緩衝して骨構造を守る薄膜)が徐々に損傷される病気で、強い痛みを伴います。
加齢、特定の疾患、先天性(股関節形成不全など)、外傷などが原因で、軟骨膜が徐々に失われ、クッションの役目を果たせなくなります。動きが直接骨に響くため、痛みを伴います。ペットは痛みを伴う関節の動きを回避するために、動くのを嫌がったり、ジャンプを嫌がるようになります。兆候が出にくく、症状が現れないこともあります。長い時間をかけて、犬の筋肉が融解することもあります。

 

 

肥満による症状の悪化

変形性関節症の原因の中でも、肥満は症状を悪化させる要因となります。既に弱っている関節にさらに重い体重の負荷がかかることで、関節への負担が増加します。
そのため、変形性関節症を緩和するにはダイエットが欠かせません。肥満の場合は、ダイエットフードを与えて体重を減らすことが、進行を遅らせる前提条件です。
タンパク質が豊富な食事で体重管理を行い、筋肉量を維持しましょう。同様に、適度な運動を定期的に行わせることも、筋肉量の維持に役立ちます。

 

 

食事を調整する重要性

関節軟骨には特定の栄養素が効果的であることが証明されています。そのため、特定のビタミン(特に、D、E、C)、オメガ3脂肪酸、コンドロイチン硫酸など軟骨を保護する効果があるものやグルコサミンなどが、骨関節炎に効果的です。
また、軟骨保護剤は、処方される抗炎症剤の与える量を減らすことができるかもしれません。
変形性関節症をはじめ多くの療法食には、これらの有効な栄養素が豊富に含まれているため、愛犬の症状改善に役立ちます。

 

 

この記事へ投票をお願いします。: 5 4 3 2 1