Virbac Japan

アドバイス

スコア 0 (0 投票数)

猫のキャリーケーストレーニング


猫がより快適な生活を送り、長生きするためには、獣医師による定期的なケアが必要です。動物病院が苦手な猫には、まず移動手段であるキャリーケースを「安全な場所」と認識させることが、通院ストレスを減らすための、もっとも簡単で重要な方法です。

 

トレーニングのポイント

  • 飼主様はいつもリラックスしていること。
  • 絶対に急がないこと。子猫や嫌な経験が少ない猫ほどトレーニングは早く進みます。
  • 慣れてきたら、胴輪を付けてキャリーケースに入れるようになるとより理想的です。

 

キャリーケースの準備

キャリーケースは猫が落ち着ける場所に置き、猫の好きな素材や匂いのする敷物を中に入れます。

 

おすすめのキャリーケース

キャリーケースの中から無理なく猫を出しやすいタイプを選びましょう。

CatCaseTraining1.png CatCaseTraining2.png

 

キャリーケースの大きさ

猫が「伏せ」をしたときの足先から尾の付け根までの長さが目安。
大きすぎても安定しません。

CatCaseTraining3.png

 

 

トレーニング方法

CatCaseTitle1.png

トレーニング開始後約1週間は、キャリーケースは下側のみ使用するか、または前後の扉を開けっぱなしにしておきます。

CatCaseTraining4.png

 

CatCaseTitle2.png

大好きなおやつを少しずつ中に入れ、何度も入る練習をしましょう。慣れてきたら、徐々にキャリーケースの中にいる時間を延ばします。15分位いられるようになったら、室内の別の場所でもトレーニングをしてみましょう。
※トレーニングの間は、おやつはキャリーケースの中だけで与えるようにします。肥満が気になる場合は、おやつの代わりにドライキャットフードを少しずつ与えしょう。

CatCaseTraining5.png

 

CatCaseTitle3.png

キャリーケースの扉を開けて、猫が自分から出てきたら、すぐに大好きなおやつを与えましょう。リラックスしてCatCasePoint1.pngCatCasePoint2.pngができるようになるまで繰り返します。
※キャリーケースの中で猫が目を丸く見開いてうずくまっている場合は、緊張しているので、そのまま放置してその場を離れましょう。

CatCaseTraining6.png

 

CatCaseTitle4.png

  • 家の中で移動の練習
    手持ちのハンドルがついていても、両手で持ち、自分の身体に密着させて運ぶようにします。
  • 車で外出する
    車に乗せる、エンジンをかける、短距離のドライブをするなどステップを踏んで慣らしていきます。
    ※ドライブの時はキャリーケースを布で覆うなどして周りが見えないようにすると慣れやすいようです。

CatCaseTraining7.png

 

キャリーケースを嫌がるコは多いかと思いますが、病院へ連れて行くときや、災害時の避難の際にも必要になってきます。
キャリーケースを安全な場所だと認識させることで、トレーニングを重ねてストレスの軽減を目指しましょう。

 

監修:南 佳子 先生(みなみ動物病院)

 

猫の行動についてより詳しく知りたい方はこちら

CatStressBanner.png 

この記事へ投票をお願いします。: 5 4 3 2 1

その他のビルバック製品