Virbac Japan

アドバイス

スコア 5 (1 投票数)

耳掃除の方法


外耳炎は再発しやすい傾向があります。
病院での定期的な受診のほかに、おうちでの日常的なお手入れも耳の健康を維持するために大切です。

お手入れ方法や頻度などは、そのコの耳の状態によって異なります。おうちでのお手入れ方法は、必ず獣医師の指導を受けてから行いましょう。

 

目次 → 3種類のお手入れ方法

  1. 「簡単お手入れ編」:耳に触られることに慣れてもらおう!
  2. 「簡単お手入れ ステップアップ編」:ワンちゃんが慣れてきたら挑戦!
  3. 「しっかりお手入れ編」:たまった耳垢をしっかり除去!

 

 

 

Title1.png

step1.pngコットン数枚をひたひたになるまで耳洗浄液をしみこませる
耳洗浄液を人肌程度に温めておくと、愛犬が驚かずに受け入れやすくなります。

step1-1.png

 

step2.png耳の内側を毛の流れに沿って優しくふく

  • コットンを優しく当てて耳洗浄液と汚れをなじませ、汚れを浮かせてから優しくふきとります。
  • 耳を触らせる→ごほうび、ふく→ごほうび、と、できた時にだけごほうびを与えながら徐々に慣れさせましょう。

step2-1.png

 

step3.pngstep2.png のポイントをふまえて、耳の穴まわりも優しくふく
コットンは奥まで入れずに、耳の穴まわりだけを優しくふき取りましょう。

step3-1.png

 

step4.pngコットンに汚れがつかず、きれいになったら終了
頑張った愛犬をうんとほめて、場合によってはごほうびをあげましょう。

step4-1.png

 


 

 

Title2.png

step1.pngしっかり保定し、コットンに染み込ませた耳洗浄液を耳の中に絞り入れる
できるだけたっぷり入れましょう。耳の穴から液面が見えるくらいが理想です。

Mstep1-1.png

 

step2.png耳の付け根を優しくマッサージする
できなければ無理にマッサージせず、step2.png に進んでも構いません。

Mstep2-1.png

 

step3.png頭をブルブルっと左右に振るのを確認します
自分から頭を振らないときは耳に息を吹きかけると頭を振ってくれます。

Mstep3-1.png

 

step4.png耳の中の洗浄液と汚れが出てきたらふき取る
コットンは奥まで入れずに耳の内側と穴まわりだけふきます。

Mstep4-1.png

 


 

 

Title3.png

step1.pngしっかり保定する
背後から保定すると、正面からおこなうよりもわんちゃんの警戒心が薄れます。

Hstep1-1.png

 

step2.png耳の中に洗浄液を入れる
耳の穴から液面が見えるくらいたっぷり入れます。

Hstep2-1.png

 

step3.png耳の付け根を優しくマッサージする
強くマッサージしすぎないように注意しましょう。

Mstep3-1.png

 

step4.pngブルブルっと頭を左右に振って、中の耳洗浄液と汚れが出てきたらふき取る
耳垢が多い場合は、汚れが飛び散っても気にならない場所(お風呂場など)でおこなうと良いでしょう。

Mstep4-1.png

 

ポイント

次のことに注意しましょう。
-綿棒は使わない
-強くこすらない
-頻繁にやりすぎない

この記事へ投票をお願いします。: 5 4 3 2 1

その他のビルバック製品